ももんがもん!
contents
自己紹介
アメリカモモンガ
飼育日記
努力のど
写真館
BBS
リンク

-HOME-
健診レポート
4/1更新
努力のど
 通院・病気>健康診断
2004/11/7 銀杏 我が家にお迎え
……………………………………………………………………………………………
2004/11/13 H動物病院
検査内容:体重測定、便検査
診断結果:コクシジウム検出。便中に少し出血有り。
       1週間の投薬
……………………………………………………………………………………………
2004/11/20 H動物病院
検査内容
:体重測定、便検査、観察
診断結果:コクシジウムは見られないが、まだ便中に出血有り。
        念のため、もう1週間投薬。
……………………………………………………………………………………………
2004/11/27 H動物病院
検査内容
:体重測定、便検査、観察
診断結果:コクシジウムも出血も見られず。投薬終了!
……………………………………………………………………………………………
2004/12/21 K動物病院 (食欲不振とちょっとした下痢のため)
検査内容
:体重測定、便検査、観察
診断結果:コクシジウム検出。他は問題なし。動きも、便中の細菌も良好
        2週間の投薬(サルファ剤)
……………………………………………………………………………………………
2005/1/4 K動物病院
検査内容
:便検査(便のみ持参)
診断結果:コクシジウムは見られず。
       しかし、せん毛虫(バランチジウムの一種)を検出。
       1週間の投薬。
……………………………………………………………………………………………
2005/1/11 K動物病院
検査内容
:便検査(便のみ持参)
診断結果:せん毛虫は駆除完了。
       シカシ!コクシジウム再々発。ただ量は少ない。
       また2週間の投薬後に検便。
……………………………………………………………………………………………
2005/1/25 K動物病院
検査内容
:便検査(便のみ持参)
診断結果:コクシジウムは見られず。
       ただ、便の中のかん菌と連鎖球菌の割合が高め。便が
       ゆるくなる原因かもしれない。投薬するほど悪くもないので
       食事療法で2週間後に検便。
……………………………………………………………………………………………
2005/2/11 K動物病院
検査内容
:便検査(便のみ持参)
診断結果:悪玉菌は正常レベルまで減少。でもコクシジウム再度検出。
       量は少ないが、また2週間の投薬。
……………………………………………………………………………………………
2005/2/26 K動物病院
検査内容
:便検査(便のみ持参)
診断結果:コクシ見られず。その他も特に悪そうなところはない。
       念のため、2週間後に検便。
……………………………………………………………………………………………
2005/3/11 K動物病院
検査内容
:便検査(便のみ持参)
診断結果:コクシジウム再度検出。
       量は非常に少ないが、また2週間の投薬。
……………………………………………………………………………………………
2005/3/26 K動物病院
検査内容
:便検査(便のみ持参)
診断結果:コクシジウム見られず。便中の細菌も概ね良好。
       2週間後に再度検便。
……………………………………………………………………………………………
2005/4/9 K動物病院
検査内容
:便検査(便のみ持参)
診断結果:またまたコクシジウム復活。
       また今まで通りの薬で2週間様子を見る。
……………………………………………………………………………………………
2005/4/23 K動物病院
検査内容
:便検査(便のみ持参)
診断結果:コクシジウム見られず。便中の細菌はカン菌が少しだけ多め
       だけどまぁ良好。
       コクシに駄目押しのために、もう2週間投薬して1ヵ月後に
       再検査。
……………………………………………………………………………………………
2005/5/21 K動物病院
検査内容
:便検査(便のみ持参)
診断結果:コクシジウム再検出。量は少ないが・・・
       少し薬の内容を変えて、2週間投後に検便。
……………………………………………………………………………………………
2005/6/4 K動物病院
検査内容
:便検査(便のみ持参)
診断結果:コクシジウム見られず。便中の細菌もとても良い状態。
       念のためもう1クール投薬して、4週間後に検便。
……………………………………………………………………………………………
2005/7/4 K動物病院
検査内容
:便検査(便のみ持参)
診断結果:コクシジウム再検出。量はかなり少ない。
       2週間投し、1ヶ月後に検便。
……………………………………………………………………………………………
2005/8/6 K動物病院
検査内容
:便検査(便のみ持参)
診断結果:コクシジウム見られず。便中の細菌も良好。
       駆虫できたのかもしれないが、今までなかなか落ちなかった
       経緯があるので、1ヶ月後に念のため検便。
……………………………………………………………………………………………
2005/9/10 K動物病院
検査内容
:便検査(便のみ持参)
診断結果:コクシジウム見られず。便中の細菌も問題なし。
       おそらく駆虫できたものと思われる。念のため、冬前に検便。
……………………………………………………………………………………………
2005/9/27 K動物病院 (食欲不振と急な体重減少のため)
検査内容
:便検査(便のみ持参)
診断結果:コクシジウム検出。でも食欲不振のため投薬は見送る。
       食事+栄養剤で様子を見る。
……………………………………………………………………………………………
2005/12/17 K動物病院
検査内容
:便検査(便のみ持参)
診断結果:コクシジウム出ず。体重が増えて抵抗力が増した
       ためかと思われる。
       今後は季節の変わり目に検便。
……………………………………………………………………………………………
2007/3/31 K動物病院
検査内容
:便検査(便のみ持参)
診断結果:便は特に問題なし。鼻のハゲは次回検査。
……………………………………………………………………………………………
2007/4/21 茱萸 我が家にお迎え
……………………………………………………………………………………………
2007/4/24
new!
K動物病院
[茱萸]

検査内容
:便検査(便のみ持参)
診断結果:コクシジウム検出。2週間投薬後、再検便
[銀杏]
検査内容
:肩に傷が発覚
診断結果:傷の周りの皮膚が壊死しているため、その部分を切り取って
       生きているな皮膚同士を縫合。麻酔はかけず。
       縫合部分の横も皮膚がかなり薄くなっていて、そこも脱落の可能性
       有りだが、その部分は様子を見ることに。
       抗生物質を毎日2回投与。
……………………………………………………………………………………………
2007/5/1
new!
[銀杏]
検査内容
:抜糸
診断結果:縫合部分は無事に塞がっていて抜糸。
       しかしその横の部分がやはり傷が開いていたので縫合。
       皮膚の壊死はなかったので、消毒・縫合のみ。
       抗生物質投与は継続。1週間後に抜糸。
……………………………………………………………………………………………
2007/5/8
new!
K動物病院
[茱萸]

検査内容
:便検査(便のみ持参)
診断結果:コクシジウムは見られず。カン菌が若干多めだが特に問題なし。
       投薬は一旦終わり、3週間後に再度検便。

[銀杏]
検査内容
:抜糸
診断結果:傷はほぼ塞がっていた。抗生物質の投与も終了。
       まだ皮膚に赤い部分はあるが、毛は生えてるし今は特に処置できる
       ことははい。
       とりあえず傷の方は一安心できる状態まで来れた。
もどる ページトップへ
SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー