アメリカモモンガ銀杏くんのお薬の飲み方。苦い薬で投薬に苦労が多いモモンガ。でも工夫次第できっと飲んでくれます。わがやのアイドル、モモンガの銀杏くんと管理人のラムが一生懸命レポートします。
ももんがもん!
contents
自己紹介
アメリカモモンガ
飼育日記
努力のど
写真館
BBS
リンク

-HOME-
努力のど
 通院・病気>投薬
   お薬を飲んでくれず、苦労することって多いのではないでしょうか?
   ここでは、我が家でどのようにお薬を飲ませているかを紹介します。
 初めてのお薬
 お迎えした次の土曜日、獣医さんで見てもらったらコクシジウム発見。お薬をいただきました。注射器のシリンジをいただいたのですが、どうしたものかわからず、とりあえずミルク10ccにお薬を溶きました。粉薬がどれくらいの水で溶けるのかわからなかったので。
 でもシリンジ1本は、1cc。10ccも飲みきれるわけもなく、仕方なくまんまビスケットにしみこませておきました。
 丸一日ぐらいかけてゆっくり完食しました。
先生のアドバイス
 しかし、こんな投薬の仕方でいいのか疑問に思い、獣医先生にメールしてみました。
 やはり、決まった量を一度にやらないと、効果が薄れたりするとのことでした。
 コクシの薬は苦味がある場合が多く、飲ますのに苦労するけれども、なんとか1袋は一度に飲みきるようにして下さいとのことでした。
ミルクに混ぜて
 そこで、シリンジ1本分の、1ccのミルクにお薬1袋を溶いてみました。思いのほかよく溶けました。
 赤ちゃんだったので、1日何度か授乳してましたが、夜の最後の授乳のときに薬ミルクをあげました。はじめのうちは、よく飲んでくれました。
ハチミツを混ぜました
 でも、やっぱり薬の味が気になってきたのか、ミルクだけでは飲まなくなってきました。そこで登場、ハチミツ。ミルク0.7cc、ハチミツ0.3ccの割合で混ぜました。
 甘党の銀杏くん、それですんなり飲んでくれました。
ハチミツは危険?
 ところが、モモンガオーナーの先輩からハチミツの危険性を教えていただいたのです!
 以下、教えてもらったことそのまま写します。
 
「蜂蜜なのですが先日モモンガのオフ会で聞いたのですが、入手できるのでしたら、 天然のメープルシロップの方がいいそうです。人間も1歳未満の乳児には食べさせてはいけないそうです。「乳児ボツリヌス症」、「蜂蜜 乳児」で検索してみてください。いろいろ出てくると思います。(ぶーすこさん)」
 というわけで、さっそくメイプルシロップを購入しました。
 ハチミツもメイプルシロップも、さほど味は変わらないらしく、これもよく飲みました。そして程なく、コクシは見えなくなって、初めての投薬は終わりました。
 2度目のお薬
  約1ヶ月後、不幸にもコクシジウムが再発してしまい、2度目の投薬となりました。
離乳してミルクを飲まない
 今回も、ミルクとメイプルシロップに混ぜて、シリンジで与えてみたのですが、もうすっかり離乳してしまっていて、ここのところミルクをやっていなかったせいか、ミルクの匂いをかぐだけで嫌がるのです。
 部屋に放して少し遊ばせて、喉が乾いたであろう頃合に再度やってみましたが、まるで 「こんな乳臭いもの飲めるか〜!」 とでもいうように首を振って嫌がるのです。
お薬ダンゴ
そこで、旦那さまが考えました。固形物なら食べるのではないか?
で、銀杏の好物をすり潰してお薬ダンゴを作ってみました。
材料
カボチャの種:2個
まんまビスケット:2個
ペット用ミルクの粉:少々
水:1〜2滴
薬:1袋
作り方・・・まず、水と薬以外の材料を、乳鉢ですり潰します。粉々になったら、少しずつ水を加えて練ります。そして薬を加えて更に練ります。丸めてダンゴにして完成!
出来上がりはこんな←感じです。
さて、銀ちゃんは気に入ってくれるのかな?
→はい、もりもり食べてくれました。 今は、毎日喜んで食べてます
 現在は、カボチャの種2個(殻は剥いてます)にメープルシロップ1滴を加えて練って作ってます。
 ポイントは、その子の大好物で作ること。種子系とか、味の濃いものがいいかもしれません。
何度も何度もコクシジウムが出てしまって、お薬ばっかり飲んでます。でも、カボチャ種とメープルシロップで作るお団子が大好きなようで、お薬もすんなり飲んでくれてます。
はやくお薬卒業したいなぁ。
もどる ページトップへ
SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー